ハウスダストアレルギーの治療最前線!どうやって改善する!?

ハウスダストアレルギーの治療最前線!どうやって改善する!?

 

ダニが原因で引き起こされる「ハウスダストアレルギー」を発症してしまった場合どのようにすれば良いのでしょうか。

 

 

【ハウスダストアレルギーの治し方の基本】

ハウスダストアレルギーの診断がついた場合、原因となるアレルゲンを取り除くことが基本となります。ハウスダストアレルギーの場合はダニです。ダニをなるべく取り除くことが重要です。掃除や換気、布団のダニ対策などをこまめに行い、ダニをやっつけます。

 

 

「薬物療法」

アレルギー症状により日常生活に支障が出ているときは、アレルギー症状を抑える薬を処方し対処します。内服薬では坑アレルギー薬が用いられることが多いです。薬を使っている間は症状を和らげることができますが、薬が切れてしまうと再び症状が出てしまうので、薬の量を少しずつ調整することが必要になります。

 

 

「アレルゲン免疫療法」

アレルギーの原因となる物質を少量投与することで、体に慣れさせ、症状を和らげる方法です。皮下注や舌下錠が用いられます。治療には3年から5年かかることが多いです。

 

 

「手術療法」

鼻づまりの症状が酷く、薬物療法で十分に症状が改善しない場合は手術療法を取り入れます。手術ではレーザーなどで鼻粘膜やその深部を凝固させる方法や粘膜切除法があります。手術法によって日帰りも可能です。個々の患者の重症度や年齢、ライフスタイル、希望などをふまえて適切な手術法が選択されます。

 

だたし、レーザー手術は半年ほどで再発すると言われており、粘膜切除法でも数年で再発する可能性があります。特に鼻づまりの症状が酷い場合は再発率が低い鼻の狭い部分を広げる手術が勧められる場合あります。よって、ダニが原因のハウスダストアレルギーを治す治療方法にはさまざまな方法があるので、自分の症状に合わせた治療法を行って改善させていくことが大切と言えます。