人気のダニシートを徹底比較!知らないと損するダニシートの違いとは?

人気のダニシートを徹底比較!知らないと損するダニシートの違いとは?

 

ダニシートはたくさんの種類がありますが、ダニを捕獲するだけなので一見すると全部同じように見えますね。それだったらなるべく安価なものでダニを駆除するのが一番賢い選択のように思えます。

 

 

でも、ダニシートによって1枚当たりの価格差が1,000円以上異なると、何が違うのか気になりますよね?

 

 

ここでは人気があるダニシートを比較してみて、一体何が違うのか?また、自分にあったダニシートはどういったものかを見つけるには何処に注目したら良いのか?などをまとめています。

比較表でダニシートの違いを知ろう!

 

商品名

捕獲方法

捕獲検査

安全性検査

刺すダニ

1枚当たり

ニューダニシート 粘着剤

×

×

×

約180円

ダニよせゲットシート 粘着剤

×

×

×

約198円

ママのための置くだけ簡単ダニシート 粘着剤

×

×

×

約276円

GETダニ捕獲シート 粘着剤

×

×

約328円

ダニ捕りマットEX 粘着剤

×

×

×

約352円

ダニホテル 粘着剤

×

×

×

約380円

ダニテクト 粘着剤

×

×

約511円

ダニピタ君 粘着剤

×

約1080円

ダニ捕りロボ 吸湿性セラミック

約1641円

ダニシートを比較してみて分かること
ダニシートを比較してみて分かることは、『捕獲方法』、『捕獲検査』、『安全性検査』、『刺すダニ』、『金額(コスパ)』になります。

 

多くの人は、『金額(コスパ)』だけをみて購入してしまいがちですが、なぜ安いのと高いのとではここまで価格差が生まれてしまうのでしょうか?比較表から分かるダニシートのその他の違いについて確認していきましょう。

ダニシートは一体何が違うの?その謎を徹底解説!

 

捕獲方法

ダニシートには大きく分けて2種類の捕獲方法があります。比較表でも分かると思いますが、『粘着剤』『吸湿性セラミック』ですね。

 

 

粘着剤とは?

粘着剤(粘着シート)とはダニをシートにおびき寄せた後に、粘着するシートによってダニを捕える方法ですね。このメリットとしては比較的安価なシートが多いので、値段を気にせずにダニ対策を始められるということです。

 

逆にデメリットとして挙げられるのが、粘着シートによってはダニが自由に動き回ってしまうということです。

 

 

粘着シートの上を歩くダニの様子

 

 

こういったように強力な粘着力があってもダニは体重が軽い分動きやすいので、信頼できるメーカーもしくは下記で説明する『捕獲検査』を行っているものが安心でしょう。

 

 

吸湿性セラミックとは?

こちらはダニの水分を奪い乾燥させて駆除する方法です。ダニというのは体の約8割が水分で出来ているので、乾燥には非常に弱いという特徴があります。ダニが発生する時期も梅雨など湿度が大きく関係しているので、乾燥が苦手なのも想像が付きますよね。

 

こちらのメリットは、ダニが一度シート内に入り込んでしまうと逃げ出すことは不可能という点です。第三者機関で検査をしてもらったところ、設置した場合はダニ増殖抑制率100%という数字を叩き出したようです。

 

一方デメリットとしては、独自の特許などを取得しているからでしょうか?金額が高くなりすぎてしまっている点ですね。これによりダニシートの違いがよく分からない人には敬遠してしまいがちな商品になっているようです。

 

 

捕獲検査

捕獲検査とは『実際にダニシートを設置してみてどれくらい捕獲できたのか?』という検証のことです。比較表をでも捕獲検査をしているところと、そうでないものがありますが基本的に検査をしてあるダニシートの方が値段が高くなりやすい傾向にあるようです。

 

また、ここでの注意ポイントは第三者機関で捕獲検査を実施しているという点です。やはり自社で捕獲検査を実施しているところは、信用して良いのか疑問が残るので、必ず第三者機関を通しているところが安全ということです。

 

ちなみに今回の比較表に載せているダニシートで捕獲検査にが付いているものは、すべて第三者機関にお願いしているものです。

 

 

安全性検査

ダニシートでは基本的に『忌避剤』や『殺虫成分』を使用していないので、体に害がないと言われています。ただ、アレルギーなどに敏感な人は本当に安全と言えるものを使いたいですよね。そういった時の指標となるのが『安全性検査』です。

 

こちらはダニ捕りロボしか行っていません。ダニ捕りロボでは『急性経口毒性試験』、『クローズド・パッチテスト』、『変異原性試験 Ames 試験』と、本当に身体に害にならないか?を徹底的に検査しているようです。

 

 

安全性検査で何が分かるの?

 

 

刺すダニを捕獲できるかどうか?

ダニと一口にってもたくさんの種類がありますが、室内にいるダニは人を刺さないダニのチリダニと、人を刺すダニのツメダニが存在します。

 

一般的なダニシートは『チリダニ』を捕獲対象にしているので、人を刺すツメダニには効果がありません。ここはよく勘違いしやすいのですが、刺すダニにまで対応しているダニシートじゃないとダニ刺されには意味がないのでご注意ください。

 

ちなみにチリダニというのは、『気管支喘息』や『アトピー性皮膚炎』、『通年性鼻炎』などのアレルギーを引き起こすとされているので、そういったような対策や予防する人はチリダニをどう駆除していくのかは大事になります。

 

 

金額(コスパ)

ここまで比較したポイントを見て来たので分かると思いますが、一応説明しますと『捕獲方法』、『捕獲検査』、『安全性検査』、『刺すダニへの対処』などにチェックマークが付くダニシートは高価になりやすい傾向があります。

 

確かに安価なものは気軽にダニ対策を始められるかもしれませんが、もしかするとダニ対策をしている気分になっているだけになっているかもしれません。

 

ですので、金額だけでを見て選ぶのではなく、どこまでの質を求めるかでダニシートの選び方が異なってきます。

人によって変わるおススメダニシート!

 

ダニでの悩みは個人で異なるので、当然合ってるダニシートも異なってきます。ここでは悩み別に3つのパターンでダニシートンおススメをまとめているので選ぶ際の参考にしてみてください。

 

 

捕獲数検査をしていて安価なダニシートが欲しい人

ダニの捕獲数を検査していて価格が一番安価なのが『Get ダニ捕獲シート』です。

 

こちらは1枚あたり約300円でダニ対策を始めれるので、ダニシートを使ったことがない人やこれからダニ対策をしていきたい人には合っているダニシートです。

 

注意点として似た名前や偽物が多いので、必ず公式サイトで購入する方が安心です。

 

 

 

刺すダニを捕獲するダニシートが欲しい人

刺すダニまで対応しているダニシートはあまり多くありませんが、その中の1つが『ダニピタ君』です。

 

他のダニシートに比べて価格は少し高めになりますが、ダニ刺されによる被害を抑えたい人には人気がある商品です。

 

また、ダニ捕獲検査も実際に民家で行っているので信頼度が高いダニシートです。

 

 

 

とにかくパーフェクトなダニ退治がしたい人

『ダニ捕りロボ』はパーフェクトなダニ退治をしたい人向けの商品となります。

 

他のダニシートと比べてダントツに金額が高いのがネックですが、ダニシートで唯一、設置することでダニの増殖を完全に抑えることができるダニシートになります。

 

また、捕獲検査や安全性の検査、刺すダニへの対応など、ダニに悩みたくない人にとって人気が高い商品です。